トップへ戻る
 
模擬選挙の授業が行われました
2016.06.29

昨年度、中学3年生の政治・経済分野のまとめとして、クラスごとに政党を結成し、公約を掲げて政権を争う「模擬選挙」を行いました。
この取り組みは読売新聞の紙面で紹介されました。模擬選挙後、野党側の要望を受け、渋渋国会(模擬国会)が開催されました。
議長には読売新聞の協力を得て、作家の真山仁さんをお迎えしました。

模擬選挙・模擬国会を経験して(代表生徒のコメントより)

<与党第一党党首>
今までにない視点で政治について学び、自分が知らない政策がたくさんあることに驚かされました。政策を作る側になって初めて気づく難しさにも直面しました。2年後に選挙権を得た時、今回の授業で学んだ政治への視点を生かしていきたいです。

<野党第一党党首>
野党代表として、重箱の隅を突き合う今の国会のようではなく、国民の望む日本を与党と共に作ってみせるんだ、という強い意志で臨みました。真山さんの鋭い質問に対し、各々が意見を熱く交わすことができたのはとても良い経験になりました。

日本・アジア青少年サイエンス交流事業 アジアから高校生120名が来校しました
2016.06.18

さくらサイエンス・ハイスクールプログラム

4月21日(木)、国立研究開発法人 科学技術振興機構主催「日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)」の一環で、インド・バングラデシュ・インドネシア・フィリピンから来日した高校生120名が本校に来校しました。

本校ではこの訪問を高校1年生のスーパーグローバルハイスクール(SGH)における最初の取り組みと位置づけ、授業などでの事前学習を行い、高校1年生は歓迎会からお別れ会終了まで渋渋生同士の会話も含めてすべて英語で交流しました。
主催者側からも渋渋生の英語力には高い評価をいただき、SGHとしての充実した第一歩を踏み出すことができました。

科学技術振興機構 さくらサイエンス・ハイスクールプログラム活動報告はこちら
 
 


トップ まとめて資料請求 スクール掲示板 学校ピックアップ 資料請求が出来る学校 スマホ切り替え モバイル私学の情報


 
| 参加校リンク集 | プライバシーポリシー | このシステムについてのお問い合わせ |
 
Copyright(C)Kyouikujyouhou All rights reserved.